水素の情報を余すところなくお伝えするサイト

水素水のことは、お任せください(*^^)v

水素風呂 体験談 膠原病【女性60代】

      2016/11/12

膠原病【女性60代】

unnamed-3健康で元気でいたい!!誰もが願うことであります。

朝、徒歩で15分くらいのところにある大きな公園でのラジオ体操が日課になっていた時でした。
突然、ある日を境に脚が痛くなり、でも、最初は筋肉痛か?くらいにおもっていました。
でも、痛みは一向になくならないなぁ。
暫くしてラジオ体操に行くこともままならないほど痛みが強くなってきました。
当時は、ある器具のアッセンブリーの仕事が有り、パートさんたちと一緒にやっていましたが、
日に日に痛みが増し道具を持てないくらいの状態になってしまいました。
半年くらいの期間だったと思います。
早速、主治医のところへ。
検査⇒⇒⇒⇒結果は。膠原病とのこと。えっ膠原病。
「この先どうなってしまうんだろう」

早速、専門の科がある大学病院を紹介してもらい通院、治療生活が始まりました。
でも、痛みは、日増しに強くなり、特に夜は寝返りも出来ないくらいの痛み!!!
「あ~~っこのままどんどん悪くなっていくと、寝たきりになっちゃうのかなぁ」
不安な日々を送っていました。
体の節々は痛み、指は腫れ上がり、力が入らず、包丁も握れず、家事も出来ない状態でした。
通院、食事の支度など夫の手を借りるしかなく
(突然のことで当時はこんな状態を理解できずオロオロするばかりで仕事も手につかず)
収入も減り生活も苦しくなるばかりでした。
このままだと、一体どうなってしまうんだろう。
そんなことを考えながら痛みに耐えていた日々でした。
もちろん通院して、服用もしていました。

水素風呂が届いたのは2015年8月でした。
「また、こんなもの買って!!」夫をひどく叱責しました。
暫く梱包も解かず・・・。
夫がある日の朝「風呂 用意したぞ!!ちょっと変わった風呂だから」と無理やり・・・
二階から風呂のある一階に下りるのが痛くて辛いので、とてもイヤでした。
でも折角用意してくれたので・・・
背中を壁にもたれるように・・・やっとのことで風呂場へ。
何分浸かっていたのだろう。入浴後、階段をとんとん上がれました。
えっ!!下りよりは上りは少し楽ではあるが。・・・何か違うかな??

それから、2か月3か月と朝の水素風呂がスタート。
夜は時間が難しいので確実な朝の入浴を繰り返しました。
少しずつ快方に向かいました。今では、自転車にも乗れています。
この気持ち、こんな気持ちを誰かに伝えたい!!そんな思いに駆られ、
そうだ!!これを紹介してくれた大久保さんに会わせてくださいと夫にお願いしました。
暮れも押し迫った12月27日 初めてお会いしました。
(夫と大久保さんはビジネススクールの先輩、後輩です)
腫れの引いた指を見せ嬉しい気持ちを伝え、私と同じように苦しんでいる人がたくさんいると思うので
(実際、通院している大学病院には同じ症状の人が信じられないくらいたくさんいます。)
私も一緒に水素風呂の良さを知らせることを手伝わせて欲しいとお願いしました。
リュウマチ患者友の会にも入会しました。地元足立区保健所の主催で「リュウマチってどんな病気?」という講演会があることを知り参加しました。
先生の話では、画家のルノアールも膠原病の一つであるリュウマチだったという写真を見せながら、
晩年はお弟子さんに写生する場所まで連れて行ってもらい、車いすに座って手は、絵筆を包帯で縛ってもらい描いていた、と。
年齢とともに薬は効き目が悪くなり多量服用して肺炎で亡くなる例も多いということでした。
原因がわからないので根本的に治すことは今はできないが、早期に治療すれば症状を緩和することはできるということでした。
ただ、早期治療を受けられなくて、むしろ気が付かないうちに症状が酷くなっている人もたくさんいます。
そんな人の方が多いように思います。
私の例がすべてに当てはまるわけでは無いでしょうが、水素風呂に入ることによって痛みは軽減しました。
数字でも痛みの数値は下がっています。もっと続ければどのようになるのか?ただ今体験継続中です。
こんな自分の体験を痛みと戦っているより多くの人に伝えたいです。
出会いが運命を変える。私が体験したように水素風呂の良さをたくさんの人に出会って紹介し、
痛みの生活から少しでも症状が和らぐようになれるように、これから伝えていきたいと思っています。
有難うございます。感謝いたします。

 

 - 体験者の声